アイピルの避妊効果

緊急事態から女性を救ってくれるアイピル

投稿日:2017年6月27日 更新日:

女性特有の悩みというのはいくつもありますが、妊娠に関する悩みや不安というのも、女性にしか感じることはできませんよね。

そんな妊娠をしたいと思っていない時に、もしかしたらそうなってしまうかもしれない、そんな事態に陥ってしまった際にあなたの不安を解消してくれるようなアイテムである、アイピルについてご紹介したいと思います。

アイピルが役に立つ緊急事態ってどんな時?

アフターピルが必要な緊急事態とは
まずは、アイピルが役に立つ時とはどんなときかというと、色々なケースがあります。

例えば、きちんと避妊をしていたにもかかわらず、使っていた避妊具に不具合(よくあるのが、コンドームが破れてしまうなどのケース)が起こったときです。
つまり避妊をしたけど、それに失敗した時の緊急策として、アイピルは使えます。

他にもこんなケースがありますよね。
皆さんも好きだから仕方ないと思い、男性に避妊を頼んでいるのに避妊をしてくれず、彼のやりたいような方法で行為に及んだ時もそうです。

そして最悪のアクシデントともいえる、強姦をされてしまった時などは心の痛みと同時に、妊娠に関する不安が一気に襲ってきます。
このような様々な緊急事態が挙げられます。

特に日本では、ピルを購入するのにも病院で処方してもらったりしなければいけないですし、もちろん女性避妊具などを体に入れる際にも病院に行ってやらなければいけません。
ですから、男性側にどうしても避妊を頼りがちになってしまうということもあり、何かあった際に緊急策としてアイピルが役に立ちます。

暗い木々の間から光が差す
襲われた!?無理やりされた、又は失敗してもアイピルが希望の光になる

性行為に対して、女性が毎回必ず十分な準備を整えられるとは限りません。強姦というリスクは残念なことに女性であれば誰もが抱えてしまうものですし、信頼して交際している彼氏が相手だったとしても、彼氏の性欲を抑 ...

続きを見る

妊娠を防ぐためにアイピルはどう働くのか

一般的に、アイピルもそうですが、ピルには多量の黄体ホルモンが含まれています。

そして、その黄体ホルモンがレボノルゲストレル(ノルレボと呼ばれています)といい、避妊に関する有効成分なのです。
これによって、卵胞の成熟が抑えられるなどの働きがなされ、排卵を抑制する効果があります。さらに、子宮内膜が厚くなるのを抑える効果があり、これによって受精卵が着床しにくい状態にしてくれるのです。

最終的には子宮頸管粘液に変化を及ぼし、精子が子宮へ入ってくることを防いでくれる働きがあります。これによって、避妊効果を高めてくれる効果があります。

アイピルは安心して飲むことができる

グラスと柔らかい雰囲気
アイピルは、病院で処方されるアフターピルであるノルレボとほぼ同じような成分と効果をもっています。大きく分けてノルレボに含まれるレボノルゲストレルともう1つ異なる成分がアフターピルには使われるのですが、ノルレボタイプの場合は副作用が少ない上に、血栓症などのリスクを妨げてくれるので、安心して飲んでいただくことができます。

OKサインをしている女性
アイピルがノルレボで良かった訳

個人輸入で入手する事の出来る緊急避妊薬のアイピル。女性に人気となり需要が高まっているピルではありますがら中には病院処方ではないという事で、安心して服用する事が出来るの?なんていう心配がある人も少なくな ...

続きを見る

安く手に入るアイピルだから嬉しい

そしてアイピルと言えば、何よりも「安い」という点がおすすめのポイントであり、使用する側としては嬉しいポイントとなっています。しかし日本では、今現在アイピルの使用は全面的に認められてはいません。

では、どのようにしてこれを手に入れることができるのかというと、個人輸入代行通販という方法でそれを手に入れていただけます。

薬の個人輸入代行は犯罪ではないのかと思われる方もいるかもしれませんが、安心してください。それを購入したあなた自身が使う分には違法にはなりません。女性にとって、アイピルは大きな働きをしてくれる上に、このように安く買えるので、ありがたいことだと言えるでしょう。

アイピルの妊娠を防げる確率

確率イメージ
では、気になるアイピルを使った後の妊娠を防げる確率はどのくらいなのでしょうか。そして、本当に女性の味方となってくれるのかということが、皆さん気になると思いますので、お伝えしましょう。

妊娠してしまう率、つまり緊急避妊が失敗してしまう確率は1%程となっています。この数値は、他の成分が配合されたアフターピルよりも低い数値となっているので、この点でも安心して使用いただけます。ちなみに、これは行為から72時間以内にアイピルを服用するということが絶対条件です。

ただし、ちょっと気を付けていただきたいことがあります。というのも、いわゆる「危険日」と呼ばれる日がありますよね。排卵日前後というのがこれにあたるのですが、この辺りにアイピルを服用した場合の妊娠率は15%ほどになります。

アイピル使用時の注意

アイピルは、あくまで緊急事態に使うということを頭にしっかりと入れておくようにしてください。

「アフターピルがあるから避妊はそれに頼ればいいか」となってしまうと、日本ではすぐに手に入らず、個人輸入代行に頼らなければいけないので、欲しい時に持っていないなんてこともあります。

ですので、あくまでも緊急事態用として使うようにするのと、もし失敗しても良いように予備をそろえておくようにしましょう。このようにアイピルは緊急事態から女性を救ってくれます。いざという時に、こうした作用や用途は参考になるのではないでしょうか。

アフターピル人気ランキング

数多くあるアフターピルの中で、どれが人気なのでしょうか。

気になる上位3位のランキングとそれぞれの特徴をみてみましょう。

アイピル

アイピル

製薬業界の競争が激しいインドでも有名な製薬会社シプラ社が製造したアイピル。

このアフターピル(緊急避妊薬)は日本の医療機関で避妊薬として処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

その為、ノルレボとほぼ同じ成分で構成され、ほぼ同じ効果を得ることができます。

信頼感がありながらも安く手に入るで女性に大変人気のアフターピルです。

マドンナ

マドンナ

マドンナは海外で広く利用されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分がノルレボと同じですが、2回に分けて飲むタイプのアフターピルです。

性交渉後、72時間以内に飲むことで高い避妊効果をもっています。

タイの製薬会社で製造されていて、品質と安全性ともに高いと評判です。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は日本の「あすか製薬」から販売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

フランスのマンカインドファーマ社によって製造されたアフターピルです。

この商品も世界中で広く使用されていて、1度に1回の服用で高い避妊効果を発揮してくれます。

-アイピルの避妊効果

Copyright© アイピル・インフォメーション , 2017 AllRights Reserved.