アイピルの副作用

持病がある人は通販でアイピルを買わない方が良い?

投稿日:2017年6月22日 更新日:

持病がある人は要注意
緊急避妊薬のアイピルは、ジェネリック医薬品ですから通販などでも手軽に購入することができます。病院で処方してもらうよりも費用を抑えることができますから、通販で購入する人も多いと思いますが、持病を持っている人は注意が必要です。
副作用を起こしたり血栓症になるリスクも高くなってしまいますから、服用する際には、医師の診断を仰いだ方がよいでしょう。

アイピルの副作用

アイピルを含む緊急避妊薬を服用した際、副作用が起こる可能性があります。主な副作用としては、頭痛や吐き気、嘔吐などがありますが、これらは服用することで体内のホルモンバランスが急激に変化するために起こる症状です。

通常は、数日経つと症状は軽減していきますから、それほど深刻に考える必要はありませんが、日常的に喫煙しているような人は、血栓症になるリスクが高くなってしまいますから、緊急避妊薬服用中は喫煙を控えることが大切です。

血栓症は血管内に血栓ができてしまい、血流がブロックされてしまうため、臓器や組織などに深刻な生涯を引き起こしてしまいます。
最悪の場合命の危険もありますし、血栓ができた場合、そこから先に必要な栄養分が届かなくなってしまいますから、細胞が壊死してしまう場合もあります。

血栓性の症状が関連する持病がある人

血栓症に関連する持病がある人はアフターピルの使用に注意が必要
血栓は、何らかの原因によって血管内にできる血液の塊をいいます。この血栓ができてしまうと、血流が途絶えてしまい心臓や肺、脳などの重要な臓器に栄養素や酸素が送られなくなり、重篤な病気を引き起こす原因となってしまいます。

血栓は、血流が悪かったり糖尿病や動脈硬化、高血圧などの持病が原因で起こる場合もありますし、ガンや腫瘍による周辺血管の圧迫がおこり、血液が固まりやすくなることで起こる場合もあります。
また、長時間足を下にした姿勢を続けたり、冷え性などによって血流が悪くなることでも、血栓を起こす原因となってしまいます。

そのほかにも、喫煙するとニコチンが血管を収縮させてしまい、血栓の原因になることがあります。
このように、さまざまな要因が血栓を引き起こすと考えられていますから、持病をもっていたり、喫煙をしているような場合には、アイピルの服用には十分注意が必要となります。

女性ホルモンが関連している持病がある人

低用量ピルやアフターピルと呼ばれる経口避妊薬は、卵巣で作られている女性ホルモンと同じような構造をしていますから、服用することでホルモンが分泌された状態を人工的に作り出して、脳は妊娠したと勘違いをします。
そうすることで、それ以上ホルモンが分泌されなくなり、排卵をストップさせて避妊効果を得ることができます。

そのため、欧米を中心に避妊薬として広く利用されていますが、女性ホルモンを多く含んだ薬ですから、エストロゲン依存性のガンやその疑いがあるような人、血栓に伴う脳血管障害や冠動脈疾患などがある人、高血圧や妊娠の可能性があるような人は、医師の判断によってピルが使用できない場合があります。

特に、エストロゲン依存性のガンである乳ガンや子宮ガンなど患者やその疑いがあるような人がピルを服用する場合には、医師の診断を仰いでから服用し、定期的に検診を受けるようにしましょう。

初めてアイピルを買う人は特に注意が必要

初めてピルを服用する時には、体内のホルモン環境が変化することで、さまざまな副作用が現れることがあります。
特に、服用したエストロゲンの作用によって、不正出血が起こることもありますし、吐き気や頭痛、肌トラブルなどさまざまな症状が現れるケースも少なくありません。

毎日服用する低用量ピルの場合には、数日飲み続けることで徐々に症状は改善していきますし、含まれているエストロゲンの量も少ないため、それほど強い副作用はほとんど起こりません。
ただ、急激にホルモンバランスを崩して、避妊効果を得る緊急避妊薬の場合には、ホルモンバランスの変化に体がなかなかついていかず、思い副作用が現れるケースもあります。

また、以前緊急避妊薬を服用したことがあるから大丈夫だと思っていても、その間に飲んだ病気の薬の影響で、体質が変化している場合もありますから、服用する際には十分注意が必要となります。

初めは医師の判断を仰ぐことが安全

アフターピルの使用の際は医師の判断を仰いだ方が良い
最近は通販で手軽にピルを低価格で購入できるようになっていますから、医療機関を受診せずに通販で入手する人も増えています。
婦人科を受診することに抵抗がある女性も多いため、インターネットで手軽に購入できれば診察の必要はないと思ってしまいますが、ピルには女性ホルモンが含まれていますから、用法・用量を守って服用する必要があります。

また、体質や病歴、服用している薬などによっては、服用すると危険なケースもありますから、初めてピルを服用するという場合には、医療機関を受診して、医師の診断を仰ぐことが大切です。
特に、緊急避妊薬は、服用すると体に大きな負担をかけますから、はじめは医師に相談した方が安全です。服用して問題がなければ、次回は通販で購入すると、費用を抑えることができますからおすすめです。

緊急避妊薬と低用量ピルの違い

緊急避妊薬も低用量ピルも、どちらも女性ホルモンを含んだ経口避妊薬ですが、2つの大きな違いは、緊急避妊薬は性行為後に避妊効果を得ることができるのに対して、低用量ピルは、性行為前に服用しておかないと避妊効果を得ることができないという違いがあります。

性行為後に、妊娠の可能性がある場合、緊急避妊薬はとても有効な避妊法となりますが、含まれている女性ホルモンの量も多く、体への負担も大きくなりますから、継続的に避妊をする場合には、副作用が少ない低用量ピルを服用することをおすすめします。

緊急避妊薬は、その名前の通り、望まない妊娠を防止するための最終手段として、緊急的に避妊を行うためには、大変有効な薬です。
ただ、服用すると危険な血栓症を引き起こしたり、副作用が強く現れてしまう人もいますから、初めて服用する際には医師の診断を仰ぐなど、十分注意が必要です。
手軽に購入できるからこそ、正しい知識を持つことが大切です。

アフターピル人気ランキング

数多くあるアフターピルの中で、どれが人気なのでしょうか。

気になる上位3位のランキングとそれぞれの特徴をみてみましょう。

アイピル

アイピル

製薬業界の競争が激しいインドでも有名な製薬会社シプラ社が製造したアイピル。

このアフターピル(緊急避妊薬)は日本の医療機関で避妊薬として処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

その為、ノルレボとほぼ同じ成分で構成され、ほぼ同じ効果を得ることができます。

信頼感がありながらも安く手に入るで女性に大変人気のアフターピルです。

マドンナ

マドンナ

マドンナは海外で広く利用されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分がノルレボと同じですが、2回に分けて飲むタイプのアフターピルです。

性交渉後、72時間以内に飲むことで高い避妊効果をもっています。

タイの製薬会社で製造されていて、品質と安全性ともに高いと評判です。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は日本の「あすか製薬」から販売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

フランスのマンカインドファーマ社によって製造されたアフターピルです。

この商品も世界中で広く使用されていて、1度に1回の服用で高い避妊効果を発揮してくれます。

-アイピルの副作用

Copyright© アイピル・インフォメーション , 2017 AllRights Reserved.