緊急避妊薬アイピルについて

アイピルvs.マドンナvs.エラワン|通販で買うならどっちがおすすめ?

投稿日:

アフターピルにもジェネリック医薬品(後発医薬品)が存在するのをご存じでしょうか。

アフターピルのジェネリック医薬品の中にはアイピルとマドンナ、エラワンがありますが、同じ効果を得られ、より低い価格で手に入れることができるため、海外ではよく使用されているのです。

どちらもジェネリック医薬品として人気の高いアフターピルですが、製造国や用法・容量などを比較してみましょう。

アフターピルのジェネリック医薬品とは?

アフターピルのジェネリック医薬品

アフターピルのジェネリック医薬品は、ノルレボ錠の後発医薬品であり、ノルレボ錠と同様の効果を持ちながらも、費用を抑えることができます。

ノルレボ錠にはレボノルストレルと呼ばれるWHO(世界保健機関)が必須薬に認定している物質が入っているのですが、ジェネリック医薬品にもレボノルストレルが含まれているのです。

アフターピルのジェネリック医薬品の種類

アフターピルのジェネリック医薬品には、下記があります。

・アイピル
・マドンナ
・エラワン
・アンウォンテッド72
・ポスティノール2

このうち、日本を含め世界中で多く使用されているのがアイピルとマドンナ、エラワンなのです。

アイピルのあれこれ

アイピルはインドの製薬会社で開発されたアフターピルのジェネリック医薬品です。
性交渉後、24時間以内に服用すると95%、72時間以内で84%という高い確率で妊娠を回避することができます。

アイピル1錠に含まれているレボノルストレルは1.5mgで、72時間以内に1錠飲むだけで良いとされています。
1錠で良いということは、2回目を飲む必要がないため、飲み忘れの防止にもつながります。

一度に大量の女性ホルモンを摂取するのですが、副作用が比較的少ないとされています。

アイピルの飲み方

避妊に失敗したと思われる性行為から72時間以内に1錠を水またはぬるま湯で服用します。吐き気などの副作用が数時間の間に現れることがありますが、通常24時間以内で収まります。
妊娠回避率を高めるために、なるべく早く服用しましょう。

マドンナのあれこれ

アイピルと同様に、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
タイの製薬会社で製造されています。

1錠あたり0.75mgのレボノルストレルが含まれており、1回の事後避妊で2錠を服用する必要があります。
これは、副作用のリスクを最小限に抑えるためです。

72時間以内に服用すれば高い確率で避妊でき、失敗率はたったの2.5%だそうです。

マドンナの飲み方

性交渉から72時間以内に1錠目を服用し、その12時間後に2錠目を服用します。
成分を阻害しないように、必ず水またはぬるま湯で飲んでください。

注意点としては、ビタミンCを過剰に摂取した場合、強い副作用が出る可能性があります。

エラワンのあれこれ

フランスの製薬会社で製造されているエラワンは、日本ではあすか製薬が開発を行っており、緊急避妊の目的以外にも、子宮筋腫の治療にも使用されています。

アイピルとマドンナより長けている点として、性行為から3日を経過してしまっても、120時間(5日)以内に飲めば効果が発揮されるのです。
72時間以内の服用で95%以上、120時間以内でも85%と避妊成功率が高いことで人気を集めています。

ただし、アイピルとマドンナに比べて副作用のリスクが大きいとされているようです。
副作用の中には、腹痛やお腹のはり、吐き気、嘔吐、むくみが挙げられます。
また価格も4,000円前後と、アイピルやマドンナに比べて高いということもデメリットになるでしょう。

エラワンの飲み方

性行為後、120時間以内に1錠を水またはぬるま湯で服用します。
72時間以内だと避妊成功率が上がるため、なるべく72時間以内に飲むようにしましょう。

通販サイトで買うならどっちがおすすめ?

アイピル、マドンナ、エラワン、どっちがおすすめ?

アイピルとマドンナ、エラワンの特徴を述べましたが、通販サイトで購入する場合はどちらが一番良いのでしょうか。もう一度それぞれの特徴を見てみましょう。

アイピルの特徴

・1箱1,000円程度で購入可能
・1錠で効果がある
・副作用のリスクが低い
・取り扱っているサイトが多い

マドンナの特徴

・1箱1,000円程度で購入可能
・2回に分けて服用する必要がある
・72時間以内に服用した際の避妊成功率が97.5%と高め

エラワンの特徴

・最大5日以内で高い効果を発揮
・副作用のリスクが大きい
・価格が高い
・取り扱っているサイトが少ない

価格面と利便性を考慮すると、通販サイトでアフターピルを購入する際には、アイピルが最もおすすめだと言えます。

通販サイトでの購入は病院処方よりも格段に安く済むのですが、通販サイトの中でもやはり価格にこだわりたいものです。

2回に分けて服用する薬剤だと、飲み忘れの危険性が高まります。アイピルは1錠のみで十分な効果を発揮するため、利便性が高いと言えます。

取り扱っている通販サイトが多いので、より信頼できる通販サイトを選びやすいというのも、アイピルをおすすめしたい理由の1つです。

アフターピルの後発医薬品は他にも複数存在しますが、アイピルは日本でも海外でもよく利用されているアフターピルであるため、その評判からも安心して利用できるのではないでしょうか。

アフターピル人気ランキング

数多くあるアフターピルの中で、どれが人気なのでしょうか。

気になる上位3位のランキングとそれぞれの特徴をみてみましょう。

アイピル

アイピル

製薬業界の競争が激しいインドでも有名な製薬会社シプラ社が製造したアイピル。

このアフターピル(緊急避妊薬)は日本の医療機関で避妊薬として処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

その為、ノルレボとほぼ同じ成分で構成され、ほぼ同じ効果を得ることができます。

信頼感がありながらも安く手に入るで女性に大変人気のアフターピルです。

マドンナ

マドンナ

マドンナは海外で広く利用されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分がノルレボと同じですが、2回に分けて飲むタイプのアフターピルです。

性交渉後、72時間以内に飲むことで高い避妊効果をもっています。

タイの製薬会社で製造されていて、品質と安全性ともに高いと評判です。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は日本の「あすか製薬」から販売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

フランスのマンカインドファーマ社によって製造されたアフターピルです。

この商品も世界中で広く使用されていて、1度に1回の服用で高い避妊効果を発揮してくれます。

-緊急避妊薬アイピルについて
-, , , , ,

Copyright© アイピル・インフォメーション , 2017 AllRights Reserved.