緊急避妊薬アイピルについて

避妊したい、そんな時に役立つアイピル

投稿日:2017年6月1日 更新日:

避妊について悩む女性
「これで妊娠しないよね・・・」と不安なまま生理が来るのを待ったこと「こんな時に避妊薬があれば便利なのに・・・」と思った事はないですか。もし避妊失敗をしてしまったら、病院へ駆け込んで薬をもらうしかありませんよね。ですが、行った方が良いとは思いながらも産婦人科に行くには手間も勇気もいりますし、お金もかかってしまいます。病院へ行かずに手に入る避妊薬があれば、万が一の時に救世主になると思いませんか。

実はそんな救世主の薬がアイピルです。では、アイピルがどんな薬なのかどこで買えるかなどを詳しく紹介したいと思います。

アイピルとは

アイピルとは緊急避妊のための薬で、避妊に失敗したときに妊娠しないように働きかけてくれます。もし、行為をして24時間以内にアイピルを服用できれば望まない妊娠を約95%の確率で避妊できます。24時間以内に間に合わなくても72時間以内であれば、約75%の確率で避妊効果が期待できる薬です。

病院処方より格安で手に入る

アイピルは通販で安く買える
避妊薬は病院で処方してもらう事が可能ですが、病院へ行くと薬代の他に診察代などがかかって高くなってしまいますよね。また、自由診療なのでいくらになるかはその病院によって異なります。しかし、今はネットを使って通販で買うことが出来ます。

アイピルは日本では発売されていませんが、個人輸入代行を通じて購入する事が出来ます。海外から届くので注文してから届くまでに1週間~10日ほどかかるので、避妊失敗してから買っていては間に合いません。万が一のために、あらかじめ買っておくと良いでしょう。

そうすれば「もしも」のときの救世主になってくれます。産婦人科で処方してもらうと5,000円~15,000円くらいが相場ですが、通販で購入すると2,000円前後が相場になります。家にいくつか置いておくと避妊失敗したらすぐに飲むことができ、高い避妊効果を得られます。

欲しいだけ、余分に買うこともできる

また、病院だとその時の分しか処方してくれませんが、個人で買えば好きなだけ買うことが出来ますよね。1錠だけでももちろん問題はありません。ただ、副作用で吐き出してしまったりすると再度服用しないといけないので、少なくても1~2個は余分に買っておくことがオススメです。

病院で処方してもらうと失敗するたびに行かなければいけないので、それだけお金がかかってしまいます。家にいくつかストックしておいて、何かあればすぐ飲めるようにしておくと万が一の時に焦る事がありません。

安いけど、安心して使えるアイピル

アイピルは安心して使える
個人輸入となると危ないとか偽者を買わされるなどマイナスなイメージがあると思います。もちろん絶対に安全という保証はないのですが、出来るだけ安全に買うことが可能ですよ。

安全に買うためにはどうしたらいいのかというと、個人輸入を代行してくれる通販サイトを利用するのが一番おすすめです。しかし、代行してくれるサイトにもいい加減なところがあるのは事実です。そこで、しっかりとした通販サイト選びをする必要があります。きちんとした通販サイトを選ぶ事が出来れば、安全なアイピルを買うことができます。

安全なアイピルを買うことができれば病院で処方してもらっているものとほぼ同じなので、安心して服用できます。しかし、薬である以上どんなものにも副作用が存在します。アイピルの副作用は吐き気、頭痛、倦怠感、下腹部鈍痛、乳房の張りなどがあります。

これはアイピルを飲むことで一時的にホルモンバランスが崩れて起きる現象なので服用後1~2日くらいに現れ、その後すぐに治まるといわれているのでそこまで重篤なものではありません。中には吐き気をもよおす人もいるので空腹時ではなく、食後に飲む事をおすすめします。
副作用というと怖いイメージがありますが、ほとんどの人はあまり感じませんし、あったとしても軽いものなのでそこまで心配する必要はありません。

大事なのは安全なサイト選びです。ただ一番安いサイトでも「安すぎる」ことは無いかいくつかのサイトと比較して、欲しい商品の相場を見極めましょう。アイピルの相場は1錠入り1箱1,500円程度です。サイトによっては割引があったり、複数個でお得になったりするものもあります。また、電話窓口で実際に対応をしてくれる人がいるかどうか、などもポイントになります。他には、口コミなどを見て慎重にサイト選びは行なうようにしましょう。

アイピルが救世主になる

このようにアイピルは避妊失敗をしたときの救世主になることが分かったのではないでしょうか。いくら避妊を慎重に行なっていても絶対避妊できるということは無いので、いつ失敗する事があるかも分かりません。そんな時に手元にアイピルがあれば安心ですよね。

病院で処方されるといっても、行きたくても時間がないことも考えられます。また、万が一土日なら病院が診療していないので薬を処方してもらうまでに24時間は超えてしまって72時間ギリギリになる危険性もあります。

時間がかかるのとどんどん避妊率が下がってしまうので、個人で持っていたほうがより確実に高い避妊効果を発揮できます。今現在まだアイピルを持っていないという人は安全なサイトを利用してアイピルを購入する事をおすすめします。個人輸入なら値段も安いので複数持っておいて万が一の時に備えるといいでしょう。

説明をしている女性
緊急事態から女性を救ってくれるアイピル

女性特有の悩みというのはいくつもありますが、妊娠に関する悩みや不安というのも、女性にしか感じることはできませんよね。 そんな妊娠をしたいと思っていない時に、もしかしたらそうなってしまうかもしれない、そ ...

続きを見る

アフターピル人気ランキング

数多くあるアフターピルの中で、どれが人気なのでしょうか。

気になる上位3位のランキングとそれぞれの特徴をみてみましょう。

アイピル

アイピル

製薬業界の競争が激しいインドでも有名な製薬会社シプラ社が製造したアイピル。

このアフターピル(緊急避妊薬)は日本の医療機関で避妊薬として処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

その為、ノルレボとほぼ同じ成分で構成され、ほぼ同じ効果を得ることができます。

信頼感がありながらも安く手に入るで女性に大変人気のアフターピルです。

マドンナ

マドンナ

マドンナは海外で広く利用されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分がノルレボと同じですが、2回に分けて飲むタイプのアフターピルです。

性交渉後、72時間以内に飲むことで高い避妊効果をもっています。

タイの製薬会社で製造されていて、品質と安全性ともに高いと評判です。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は日本の「あすか製薬」から販売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

フランスのマンカインドファーマ社によって製造されたアフターピルです。

この商品も世界中で広く使用されていて、1度に1回の服用で高い避妊効果を発揮してくれます。

-緊急避妊薬アイピルについて

Copyright© アイピル・インフォメーション , 2017 AllRights Reserved.