「アイピルの副作用」 一覧

緊急避妊薬は、基本的に産婦人科でしか処方されません。しかし、最近では自身でネットから買うことが出来るようになりました。アイピルは緊急避妊薬のなかでも、病院から処方される避妊薬とほぼ同じ成分を持つことで知られていて女性に人気です。
ただ、薬である以上副作用がある事を忘れずに利用する必要があります。アイピルには一体どんな副作用があるのか、みていきましょう。

従来に比べて副作用は少ない

アフターピルの副作用は減ってきている
アイピルは他のアフターピルに比べても副作用が少ないと言われているピルです。以前はプラノバールという薬が主流だったのですが、この薬は中用量ピルを緊急的に活用していたので副作用がそれなりにあって、身体の負担も大きいという難点がありました。その難点が改良されたアイピルが近年では主流になっているので、危険性も少なくなりました。

しかし、ホルモンバランスをわざと乱して子宮内膜を無理に剥がそうとうながすため、副作用がないとは言えません。アフターピルは病院でも処方されている薬と同様の効果や安全が認められているジェネリック医療品に当てはまるので、量をきちんと守って服用する分にはそこまで心配する必要はないでしょう。

ですが、副作用がまったくないわけではないので、普段から気軽に飲むのだけはやめてくださいね。副作用が比較的減ったとはいっても、薬なので副作用の危険性はありますし、身体に負担もかかります。この事を頭に入れて服用するようにしてください。

避妊薬はどうしても副作用は起きやすい

もちろん避妊薬である以上、副作用が起こる可能性があります。例えば、吐き気、頭痛、倦怠感、下腹部鈍痛、乳房のハリなどがあげられます。ピルは飲むことによって一時的にホルモンバランスが乱れてしまうために起こる現象です。症状は服用後1~2日に現れ、その後すぐに治まる事がほとんどなので、そこまでひどい症状にはならないでしょう。

ホルモンバランスが乱れるので何らかの副作用が出る可能性はありますが、ほとんどの人は副作用があっても軽い症状かほとんどない場合が多いので副作用が怖くて飲まないなどと考える必要まではありません。吐き気を防ぐためには空腹で飲むのは避けて食後に飲むのがおすすめです。

副作用はこんな症状

アイピルに副作用はある
上記でも少し紹介しましたが、避妊薬なので、多少の副作用なら起きる可能性があります。主なものが吐き気、嘔吐、胸のハリ、不正出血、眠気、イライラ、むくみなどが起こる可能性があります。その中でも一番多い副作用が吐き気です。吐き気はほとんどの人が胃がむかむかする程度で終わる事が多いのですが、中には吐いてしまうほどの副作用の人もいます。

万が一アイピルを吐いてしまったらもう一度服用しなければいけません。しかし、服用して3時間経過していればすでに消化されているため飲む必要はありません。めったにないですが、あまりに副作用が強い人は医師に相談して支持をあおぐようにしてください。

副作用は負担がかかっている証拠

アフターピルは大量の女性ホルモンが含まれているため、それが体内に入ると女性ホルモンの量が急激に増える事で人工的に生理を起こさせます。アフターピルはホルモンバランスを乱すため様々な副作用が起きます。
女性ホルモンを無理に体内に入れて生理をむりやり起こすので身体にかかる負担やリスクは大きいと考えましょう。

もちろん万が一妊娠してしまい、中絶してしまうよりかはずっと心も体も負担が少ないのですが、だからといって日常的に飲んでいい薬ではありません。万が一失敗してしまったときに飲むものなので普段から飲まないように気をつける必要があります。薬である以上身体に負担をかけてしまうという事を忘れないようにしてくださいね。

普段から避妊をきちんとしてアイピルを飲む事がないようにしっかり対策をして行為を行う事がまずは一番です。アイピルは万が一失敗してしまった場合の最終手段か行為自体を望まないかたちで行なわれてしまった場合だけに飲むようにしてください。身体にとって決していいものではないという事を頭に入れておくことが出来るだけ飲まないようにするために非常に重要なことです。

必要な時に限り、アイピルを飲むようにする

アフターピルを飲むのはな時だけ
このように、アイピルの副作用や危険性について詳しく紹介しました。万が一避妊に失敗した場合に緊急避妊として使う薬なので必要な時もあると思います。昔は婦人科にいかなければ処方されなかったのですが、今はネットで個人輸入で気軽に買えるようになりました。

それだけ手軽に買えてしまうと何かあればすぐに使えばいいと考えてしまいがちですが、やはり、身体に負担がかかることは間違いありません。常に常用していい薬ではなくどうしてもというときに飲むものなので普段から飲まないように注意をすることが大事です。

アイピルの副作用は吐き気や不正出血などがありますが、これはホルモンバランスを乱してしまう事が原因で起こすのでそれだけ身体に負担をかけているということになります。アイピルは副作用が比較的少ない薬で安全性が高いと言われていますが、身体に負担がかかるので、日ごろからしっかりと避妊を行い使う事がないように心がけましょう。

カテゴリ一覧

通販は止めた方が良い

持病がある人は通販でアイピルを買わない方が良い?

2017/06/22   -アイピルの副作用

緊急避妊薬のアイピルは、ジェネリック医薬品ですから通販などでも手軽に購入することができます。病院で処方してもらうよりも費用を抑えることができますから、通販で購入する人も多いと思いますが、持病を持ってい ...

アイピルの避妊効果がゼロになる可能性がある

アイピルを飲んで嘔吐!?避妊効果をゼロにしてしまう危険性

2017/06/12   -アイピルの副作用

アフターピルであるアイピルは、しっかりと時間を守り適切な飲み方をすれば高い避妊効果を発揮してくれます。しかし、時間を守り正しく服用したとしても妊娠を阻害する効果が薄れてしまうケースもあるんです。それが ...

アイピルの副作用の原因って

副作用としていろいろな症状を起こすアイピル、その原因とは

2017/06/08   -アイピルの副作用

アイピルはアフターピル(緊急避妊薬)のノルレボ錠のジェネリック医薬品です。ノルレボ錠は高い避妊効果があり副作用も少ないというメリットがありますが、費用が高いというデメリットがあります。 一方アイピルは ...

Copyright© アイピル・インフォメーション , 2017 AllRights Reserved.