アイピルの購入

アイピル(アフターピル)は事前購入がキホン!常備してこそ効果がある

投稿日:2018年8月22日 更新日:

日本で選ばれている避妊方法でもっとも多いのはコンドーム(82.0%)です。女性主体で行える避妊=低用量ピルの服用は4.2%とまだまだ少ないのが現状。(※国際協力NGOジョイセフ「日本の避妊方法から考える」)

では、「緊急避妊」 「事後避妊」といった言葉を知っている女性はどれくらいいるのでしょうか?
避妊に失敗したと気づいたら、アフターピルを服用することで性交後でも妊娠を防ぐことが可能。
アフターピルは医療機関で処方してもらえ、「ノルレボ錠」というピルが広く活用されています。ノルレボ錠のジェネリック(=後発薬)が「アイピル」で、こちらは通販で買うことができます。

アフターピルは性交後72時間以内に服用しなければ、避妊効果は大幅に低下。服用は時間勝負という状況で、仕事や学校のスケジュールを縫って病院へ行くことができなければ人生が変わってしまうかもしれません。
また、産婦人科やレディースクリニックはハードルが高いと感じている女性もいるでしょう。そこで便利なのが、通販でのピル購入です。

アフターピルが必要なワケ

コンドームが破れていたと使用後に気づいた
勝手に中出しされてしまった

など、不安でたまらない事態に陥った際に助けてくれるのがアフターピル。
ホルモンバランスを急激に乱すことで排卵を抑制し、子宮内膜をはがす働きがあります。つまり、受精や着床を防ぐので妊娠には至りません。
性交後にできる避妊方法として、女性なら知っておきたい手段です。

薬を飲もうとしている女性

アフターピルの働き

アフターピルでの緊急避妊は、厚生労働省に認可されたピル「ノルレボ錠」を用いたLNG法が主流です。性行為から72時間以内に1度服用するだけでOK。
プラノバール錠を使用した従来の緊急避妊法よりも成功率が高く、副作用の吐き気も抑えられているのが特徴です。

アフターピルの働きは大きくふたつ。

・排卵前/排卵を遅らせて受精を防ぐ
・排卵後/子宮内膜をはがして着床を防ぐ

つまり女性特有のサイクルの中で、どんなタイミングであっても避妊が可能ということ。
万能な避妊方法のように感じられますが、服用タイミングが非常に重要!性交後24時間以内には95%の確率で避妊できますが72時間後には75%まで低下し、時間が経つごとに避妊率は低下してしまうのです。
ですから、避妊に失敗したと気づいたら一刻も早くアフターピルを服用する必要があります

病院or通販どちらが安心?

ノルレボ錠は病院で処方してもらう必要があります。少しでも高い避妊効果を得るためには1時間でも早く受診して、いかに早く服用するかが避妊成功のカギ。
健康保険は適用外のため、すべて自費負担です。病院やクリニックによって異なりますが、10,000円~15,000円が相場。

ノルレボ錠のジェネリックであるアイピルは、厚生労働省の認可を受けていないため病院で出してもらうことができません。
購入には、海外医薬品専門の通販サイトを利用。海外製の薬なら処方箋は不要、個人の使用目的で輸入することは薬機法でも認められているので安心です。
通常のネットショッピングと同じ手順で注文でき、自宅に届くのを待つだけなので利便性は高いと言えます。
価格は1,200円~1,400円ほどと、ノルレボ錠の10分の1程度。

金額だけ見ればアイピルの方が手は出しやすいですが、通販で買った薬の服用は自己責任です。
その点、病院なら医師の判断のもとでピルを服用するので安心感が違いますね。
避妊の成功率で考えた場合には、事前に購入していつでも持っておける・いつでも服用できるという点で通販が便利でしょう。

・ピルを服用して体調の変化が心配 → 病院
・なるべく金額を抑えたい → 通販
・いざという時にすぐ病院へ行けるかわからない → 通販

避妊を成功させるという目的にプライオリティをおくなら通販がベスト。
医師と対面することで安心できるなら病院へ、ということですね。

アフターピルを通販で買う

では、アフターピルを通販で買っておこうと決めたらアイピルを探せばいいのでしょうか?
実はほかにも通販で買えるアフターピルはあって、「マドンナ」や「アンウォンテッド72」「エラ」と言った商品名で販売されています。
製薬会社や製造国が違うので1錠あたりの量や服用方法は違ってきますが、「レボノルゲストレル」というホルモン成分は同じ。どれを選んでも同じように避妊効果は得られます。

アイピルがおすすめ

通販で買えるアフターピルの中で、飲みやすさでオススメなのが「アイピル」。
避妊に必要なレボノルゲストレル1.5mgが1錠で摂れるので、2回服用する必要がないので飲み忘れの心配がありません。
ほかのアフターピルと比べて、取り扱っている通販サイトが多いので購入しやすいのもメリットのひとつです。

通販での注意点

アフターピルを通販で買えるというのはとても便利なことですが、医師が介入しないという点では慎重にならなければいけません。
もしも届いたピルが偽物だったら、「すぐ服用したのに妊娠してしまった・・・」ということになりかねません。
粗悪品や偽造薬にひっかからないためには、正規品を届けてくれると信頼できるサイトを選ぶことが大切です。

・サイト内に正規品取り扱いと目立つところに記載されている
・第三者機関による鑑定書が公開されている
・支払いにクレジットカートが使える
・電話対応のサポート窓口がある

などを意識して、注意深くチェックしながら利用サイトを検討してみてください。

また、通販で買ったアフターピルは海外メーカーから直接発送されるので、受け取りまでに日数がかかることも考慮して。
発送国にもよりますが早くて1週間、遅い場合には2週間以上かかることも。
「避妊できていなかった!」という事態が起きたときにすぐ服用できるよう、ゆとりを持って注文しておくことが大切です。

アフターピル人気ランキング

数多くあるアフターピルの中で、どれが人気なのでしょうか。

気になる上位3位のランキングとそれぞれの特徴をみてみましょう。

アイピル

アイピル

製薬業界の競争が激しいインドでも有名な製薬会社シプラ社が製造したアイピル。

このアフターピル(緊急避妊薬)は日本の医療機関で避妊薬として処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

その為、ノルレボとほぼ同じ成分で構成され、ほぼ同じ効果を得ることができます。

信頼感がありながらも安く手に入るで女性に大変人気のアフターピルです。

マドンナ

マドンナ

マドンナは海外で広く利用されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分がノルレボと同じですが、2回に分けて飲むタイプのアフターピルです。

性交渉後、72時間以内に飲むことで高い避妊効果をもっています。

タイの製薬会社で製造されていて、品質と安全性ともに高いと評判です。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は日本の「あすか製薬」から販売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

フランスのマンカインドファーマ社によって製造されたアフターピルです。

この商品も世界中で広く使用されていて、1度に1回の服用で高い避妊効果を発揮してくれます。

-アイピルの購入

Copyright© アイピル・インフォメーション , 2018 AllRights Reserved.